タンザナイト 宝石ルース ティファニーの思惑

タンザナイト 新しい宝石ルース 希少性

 

タンザナイト ルース 希少

ゾイサイト種のひとつであるタンザナイトは、不純物にバナジウムを帯びるために、ルースとして見ていくとバイオレットを帯びた美しいブルーが特徴の宝石です。

 

産出量が少なく希少性があり、背後にアフリカ最高峰のキリマンジャロがそびえ立つタンザニアのメレラニ鉱山のみで採掘されていて、1967年の登録という新しい宝石です。

 

最初はブルー・ゾイサイトという名前でしたが、、当時のニューヨークのティファニー社長のプラット氏が、タンザナイトと名付けて、一般に認められるようになりました。

 

タンザナイトには、同じ青系のサファイアとの決定的な違いとして美しい多色性という性質があります。

 

発見された当初は、サファイアと同じようなブルーの色味が評価されていましたが、現在は多色性に優れたもののほうが高い評価を得ています。

 

この場合の多色性とは、見る角度によって、その宝石の色が違って見えるもので、タンザナイトには青、藍色、赤があり、角度を変えていくとそれらが混ざり合って、さらに色合いが美しくなります。

 

色は青紫が濃くて、インクルージョンがなく透明度が高いものほど美しいとされていて、硬度は6〜7と硬くはなく衝撃には注意が必要です。
なお、ゾイサイト種には、タンザナイトのほかにスーライトとアニョライトがありますが、不透明な石で産出量も多くなく少量がアクセサリーや彫り物として利用されるのみです。

 

価格

タンザニアの鉱山からタンザナイトが産出して、宝石として認識度を高めたのは1980年代に入ってからで、そのころは需要と供給がともに安定していたので価格は比較的抑えられていました。

 

しかし、世界中でも産地がひとつしかなく需要も感心も高いので、タンザナイトの価値はこれからも上昇を続けるでしょうし、いずれは、唯一のタンザニアの鉱山も枯渇するだろうという危惧から、さらなる価格の上昇も予測されます。

ページの先頭へ戻る