メレリオ ディ メレー

メレリオ ディ メレー

 

メレリオ ディ メレー

著名な宝石ブランドメーカーとしては、最も歴史をもった宝石商です。

 

1613年にはフランス王室との取引を始めていて、店舗としての始まりは1796年のことになります。

 

創業したのはイタリア人のジャン・バティスト・メレリオで、当初は一族のフランソワ・メレリオも別の店舗を持っていました。

 

やがてそれらは統一していき、一族として15代も宝石商として続いていくことになります。

 

メレリオはナポレオン1世の時代から王室の御用達になり、歴代の王室に宝石を納入し続けます。

 

なかでもフランス皇帝となったナポレオン3世と皇后であるウージェニーやその一族を顧客としていた頃は宝石商として最高潮を迎えていました。

 

メレリオのもうひとつの特徴は、自社で働いていた職人のなかには、後にブランドを確立するファリーズ、マッサン、ラリックなどが修行していたことでしょう。

 

そして、彼らは結果的にメレリオよりも有名になっています。

 

そして、日本には1984年に進出していて、現在は宝石ブランドとしての派手さはありませんが、脈々と15代に渡る歴史とともに、宝石ジュエリー業界の一翼を担っているのです。

ページの先頭へ戻る