宝石物語 日常のストーリー

星占い

 

えっ、テレビで今日の運勢の一番良くないのは水瓶座だって、私じゃないの、それ。

 

まったく、朝から気分がブルーになっちゃう。

 

宝石物語

とりあえず、誕生石のアメシストの指輪をお守りとして今日一日していないとね。

 

それに、ワンポイントアドバイスによると、水瓶座のひとは牡牛座のひとに助言してもらうといいってあるけど、誰だろう私の周りのひとで牡牛座って・・・あっそうだ、確か田舎のおばあちゃんが牡牛座だったと思ったんだけど。

 

もう起きている時間だから電話してみよ。

 

「もしもし、おばあちゃん、私、優佳よ、元気?」

 

「あれ、優佳かい、元気だよ、どうしたの、そちらはどうですか?」

 

「うん、ちょっとおばあちゃんの声を聞きたくなったの、それに、さっきテレビで今日は水瓶座の運勢が一番良くないって、だけど、牡牛座のひとにアドバイスをもらうといいからって言ってたから、確かおばあちゃんは牡牛座だったよね」

 

「そうだよ、だけど星占いなんて信じちゃだめだよ、私も若いときは気になったけど、運勢が良くないなんてまったく関係ないんだからね、そんなのに振り回されるんじゃないよ、優佳は今日一日を楽しく過ごしていればいいんだよ、分かったわね」

 

”さすがワンポイントアドバイスはすごい、運勢の良くない今日一日はこの助言で乗り切れるわ!”

ページの先頭へ戻る