宝石物語 日常のストーリー

今日の夜は外食にしないか?

 

「おはよう!」

 

「おはよう」

 

「おっ、今日はいい天気だなぁ、やっぱり気分が違うねぇ、朝日が気持ちいいよ」

 

「そうね」

 

「朝ご飯は何かな?」

 

「うん、これから考えるわ」

 

「そうか、無理しないでゆっくりでいいから、まだ時間があるし」

 

「あら、冷蔵庫に何も入ってないわぁ、買い物忘れてたみたい」

 

「そう、あるものでいいよ、ふりかけご飯でも十分おいしいし」

 

「わかったわ、ほんとうにふりかけご飯よ、いいのね」

 

「いいよ、仕方ないじゃないか、買い物忘れたんだから」

 

「ありがとう」

 

宝石物語

「そういえば、この間プレゼントしたピアスどうかな」

 

「どうかなって?」

 

「いや、気に入ってくれたかなと思って」

 

「いいわよ」

 

「そっ、そういえば、お隣さんに小さな犬がいるよな、このマンションっていいんだっけか」

 

「犬はいけないはずよ、本当は」

 

「そうか、でも小さい犬だからこっそり飼ってるのかな」

 

「でも犬は散歩とかさせないといけないし、飼ったところで大変だわ」

 

「うん、でも可愛いいよね、なついてくれたりしたらさぁ」

 

「私はイヤ、世話も大変だし、匂いもするし」

 

「そんなことはないと思うよ、清潔にしていれば匂いは出ないよ」

 

「だから、それが世話をするっていうの、あなたがするの?」

 

「いや、いつもはできないよ、それに飼うって言ってる訳じゃないから」

 

「そう」

 

「そうだ、今日の夜はどっかに出かけて外食にしようか」

 

「いいわねぇ、素敵!じゃあ、夜はあなたが早く帰ってきたら先に寝ててね!」

ページの先頭へ戻る