クリソプレーズ カルセドニー シンプルで美しい宝石

カルセドニー クリソプレーズ 種類と色

 

シンプルな中に美しさをたたえ、艶やかなピュアカラーを示し、カルセドニー種はいくつかありますので、分けて解説しています。

 

カルセドニー

カルセドニー

ブルーカルセドニーは美しい石で、色はライラック、紫を帯びた青、ラベンダーがあって、このブルーカルセドニーの人気は高いので、鮮やかなブルーのトップクラスは、かなりの高値になります。

 

一般に、カルセドニーに多いのは、灰色がかったものや、イエロー系に至る半透明の色で、天然カルセドニーは色が均一で、しま模様はありません。

 

アゲート

クリソプレーズ

アゲートは模様に無限のバリエーションがあり、強い個性で引き付け、しま模様や幾何学模様などさまざまで天然デザイン画のようで見るひとを魅了します。

 

カーネリアン

クリソプレーズ

色は単色で、濃い赤みがかったオレンジや、柔らかい茶系のオレンジに、赤があり、歴史は古く、アンティークジュエリーにもカメオなどの彫り物として使われています。

 

クリソプレーズ

サードオニクス

最高級のクリソプレーズは濃い青りんご色で、曇りのない半透明の石で、ほかには淡い緑やエメラルドグリーンにダークグリーンもあります。

 

サードオニクス

クリソプレーズ

茶と白のしまがあり、カメオに使われることが多く、象眼にも最適です。

 

オニクス

クリソプレーズ

色は、白と土色の帯がまっすぐに入って、カメオにすると映え、着色したブラックニクスは長い間ジュエリーに使われて、特に、アールデコ期のデザイナーには人気を誇り、材料として盛んに用いられています。

 

産地

ブラジル、ウルグアイ、南アフリカ、インドネシア、トルコ、オーストラリア、マダガスカル、タンザニア、アメリカ、中国、フランス、ドイツ、メキシコ、ロシア

ページの先頭へ戻る