天然石ターコイズはトルコで産出されない!

ターコイズ ジュエリー 天然石

 

ターコイズ ジュエリー

ターコイズ(トルコ石)は今から3000程前には古代ペルシャ人によって世界中に輸出されている天然石でした。

 

また、ターコイズはネックレスジュエリーなど重宝されていて、宝石として採掘技術ばかりではなく模造や合成の技術開発も進められています。

 

古くはアラブ諸国で、身に付ける者を守る幸運な石で、さまざまな病気も癒してくれると信じられていて、北米の先住民族や古代インカ民族にアステカの人々もトルコ石を尊んでいて、それらのターコイズを使ったお守りやアンティークジュエリーは、いくつもの遺跡からも数多く発掘されています。

 

名前の由来は、トルコ国から産出するので付けられたのではなく、ペルシャで産出されたものを”トルコ国を経緯”して、ヨーロッパに運ばれたことからターコイズと呼ばれるようになったのです。

 

ターコイズ ジュエリー

また、ターコイズには、独特の黒い網目模様がありますが、その有無はあくまでも好みであって品質には影響しないのです。

 

なお、本物のターコイズは、採掘量が少なく市場での流通量がとても少なくなっていて、かなり小さなものでも高価になるため、お手頃にはならないようで、その代わりといっては何ですが、今ではターコイズのイミテーションがたくさん出回っています。

 

ターコイズジュエリーの買い方としては、まずイミテーションがあって、それが物足りなければ本物にしましょう、という考え方をお持ちの方も増えていて、そして、ターコイズジュエリーといっても、現在では多様な処理方法で市場に出回っていますので、指輪やペンダントのメイン石としてセッティングする場合は、知識が必要なときがありますが、単におしゃれとして割り切って楽しむのも良いかもしれません。

 

産地

イラク、アメリカ、アフガニスタン、オーストラリア、ブラジル、チリ、中国、メキシコ、ロシア、タンザニア、トルキスタン

Sponsored Links
ページの先頭へ戻る