宝石物語 日常のストーリー

杖をついたおばあさん

 

「次の電車に乗るわよ」

 

「わかったー」

 

電車が到着してたくさんのひとが降りたので席が空いています。

 

「そこに座ろうか」

 

「うん」

 

宝石物語

「あー、やっとゆっくり座ることができたわ」

 

ママはデパートでネックレスを買ったのですが、いろいろなお店を見て回ったので足が棒のようになっています。

 

「ママ、これからどこに行くんだっけ?」

 

「おじいちゃんのところに行くのよ。

 

それで、用事を済ませたら帰るからね」

 

「わかった、ご飯はどこで食べるの?」

 

「おじいちゃんのところで食べようね、おじいちゃんも楽しみにしてるから」

 

「わかったー」

 

「ご飯は何がいいかな」

 

「僕は何でもいいよ、おじいちゃんと同じがいい」

 

「わかったわ、おじいちゃんに聞いてみようね」

 

そして、電車が駅に到着するたびに、たくさんのひとが入ってくるようになって混雑してきました。

 

その中には杖をついたおばあさんがいて、ゆっくりと歩きながらちょうどふたりの前に立ったのです。

 

子供は席を譲ったほうがいいと思ってママのほうを見たのですが、ママは眼をつぶってしまいました。

 

やがて、ふたりの降りる駅になったので立ち上がって歩き始めます。

 

そして、駅の階段を上りながら子供が、

 

「ママ、さっきは何で目をつぶっていたの?」

 

と、ママに尋ねます。

 

「だって、目の前に杖をついたおばあさんが立っていたでしょう。

 

その姿がかわいそうで見ていられなかったの・・」

Sponsored Links
ページの先頭へ戻る