宝石物語 日常のストーリー

おばあちゃんVS電話詐欺

 

「おばあちゃん、おれなんだけど、会社のお金を落としちゃって大至急300万円いるんだ」

 

「健ちゃんかい」

 

「うん」

 

「本当に健ちゃんかい」

 

「そうだって」

 

「それなら、年を言ってごらんよ」

 

「今、そんな場合じゃないだろ、すぐにお金がいるんだよ」

 

と泣き声が聞こえ始めます。

 

宝石物語

「頼むよ、すぐにいるんだ、お金が足りなければダイヤとかの指輪でもいいんだ」

 

「そんなに泣かないで、おばあちゃんもつらいよ、ダイヤの指輪はひとつ持ってるよ」

 

「それも貸してよ、頼むよぉー」

 

「本当に健ちゃんなのかい」

 

「ほんとうだったら、早くしないと会社の連中が警察に連絡しちゃうんだ」

 

「健ちゃん、今どこに住んでるんだい」

 

「わー、もう間に合わなくなっちゃうよ、もう俺だめだー」

 

「いくらいるんだい」

 

「だから、300万円だって言ってるだろ」

 

「どうしたらいいんだい」

 

「現金をあるだけ先に振り込んでほしいんだ、今すぐに」

 

「おばあちゃんは足が不自由で外に出歩けないんだよ」

 

「じゃあ、取りに行くよ」

 

「健ちゃんが来るのかい」

 

「いや、俺は行けないから会社のひとに頼むから」

 

「そんなんで間に合うのかい」

 

「大丈夫だよ、住所を教えてよ」

 

「いやぁ、思い出せないんだよ」

 

「えっ」

 

「年寄りのほら、物忘れがひどくなってね、うまく思い出せないんだよ」

 

「それなら、外に出て住所書いてあるの見て教えてよ」

 

「だって足が言うことをきかないじゃないか」

 

「じゃあ、どうするんだよ」

 

「ファックスなら大丈夫だよ、すぐ届くだろ」

 

「・・・・・」

Sponsored Links
ページの先頭へ戻る