宝石物語 日常のストーリー

ロトで2億円当たっちゃったの

 

「ねえ、お母さん、私ロトで2億円当たっちゃったの」

 

「えーッ、本当かい?」

 

「本当よ、でもうち旦那心臓弱いから・・私がいきなりロトで2億円当たって言ったら心配だわ」

 

「そうかい、じゃあ、私が何気なく上手に言ってあげようか、そうしたら少しはくれるかい?」

 

「もちろんよ、そのときは旦那と相談するからさあ、夕方こっちに来て、ご飯でも食べながらうまく話してほしいわ」

 

「分かったよ、でもすごいねえー、夢みたいな話だねー、ワクワクするよー」

 

「ただいまー」

 

「おかえりー」

 

「おかえりなさーいー」

 

「あれッ、お義母さん、いらっしゃってたんですか」

 

「おじゃましてますよ、お疲れさまでした」

 

「今日はどうしたんですか、何か嬉しそうですね、誰かの誕生日だったかなぁ」

 

「いいえ、ちょっと大事なお話しがあったものだから」

 

「ぼくに?」

 

「そうよ、例えばね、例えばの話なんだけれど、美穂がロト6で200万円当たったらどうしますかー?」

 

「うちの奥さんロト6好きだからなぁ、もし、200万円当たったらお義父さんとかみんなで海外にでも旅行に行きましょう」

 

宝石物語

「あら、素敵ねぇ、それじゃあ、2000万円だったらどうするのー?」

 

「そんなにあったらお義母さんにダイヤの指輪をプレゼントしますよ、すごく大きなダイヤをね」

 

「まあ、嬉しいわぁー、ダイヤ指輪なんてすごいわねー、それじゃあ2億円だったらどうするの?」

 

「お義母さんに半分あげますよ」

 

と言うと、お義母さんは心臓発作でバッタリと倒れて帰らぬひととなったのです。

Sponsored Links
ページの先頭へ戻る