宝石物語 日常のストーリー

新説 童話 赤ずきんちゃん

 

赤ずきんちゃんは、おばあちゃんの家の前まで来ました。

 

そして、扉を開けて中に入ると、おばあちゃんはベッドで横になっています。

 

「よく来たね」

 

「おばあちゃん!ベッドで寝ているなんて、お体は大丈夫なの?」

 

「大丈夫だよ、ちょっとめまいがするもんだから、寝ているだけだよ」

 

「そう、それならいいんだけど、今日はお使いに来たの」

 

「分かってるよ」

 

宝石物語

「はい、ママから預かったネックレス、おばあちゃんのお誕生日のプレゼントだって」

 

「ありがとう、すごく素敵だね」

 

「ねえ、聞きたいことがあるの」

 

「なんだい?」

 

「どうして、おばあちゃんのお目めはそんなに大きいの?」

 

「お前が良く見えるようにだよ」

 

「どうして、おばあちゃんのお耳はそんなに大きいの?」

 

「おまえの声が良く聞こえるようにだよ」

 

「おばあちゃんのお鼻は、どうしてそんなに前に出ているの?」

 

「可愛いお前の匂いが分かるようにだよ」

 

「ねえ、どうしておばあちゃんのお顔はそんなに毛が多いの?」

 

「これは、おばあちゃんのお化粧なんだよ」

 

「ねえ、どうして、おばあちゃんのお口はそんなに大きいの?」

 

「赤ずきん!いい加減にしなさい!お前はお使いに来たのかい?それともおばあちゃんの欠点をからかいに来たのかい?」

Sponsored Links
ページの先頭へ戻る