宝石物語 日常のストーリー

選べる方法

 

選べる方法1

死刑囚が刑務官から宣告されました。

 

「あなたは明日、刑が執行されます」

 

「はぁ、ひとつだけ願いを聞いていただけないでしょうか」

 

「なんでしょう」

 

宝石物語

「別れた妻との結婚指輪をして死にたいのです」

 

「分かりました」

 

「ありがとうございます」

 

「この刑務所は死刑の方法を選ぶことができます」

 

と言って、書類を確認しながら、

 

「選びますか」

 

と刑務官。

 

死刑囚は、

 

「選べるなんて初めて聞きました、何があるんですか」

 

刑務官は丁寧な言い方で、

 

「電気、ガス、ロープです、どれがいいですか」

 

死刑囚は少し考えて、

 

「それでは、ガスにしてください」

 

「わかりました」

 

翌日になって、死刑囚は身の回りの整理を終えて手続きを済ませると、刑務官とともにガス室へと向かいます。

 

宝石物語

ところが、ガス室に入ると天井がとても高くなっているので不思議に思って、

 

「ずいぶん高い天井ですね、何のためでしょうか?」

 

「それは、この天井の一番上から大きなガスボンベが、あなたの頭めがけて落ちてくるので勢いをつけるためです」

 

選べる方法2

死刑囚が刑務官から宣告されました。

 

「あなたは明日、刑が執行されます」

 

「はぁ」

 

「この刑務所は死刑の方法を選ぶことができます」

 

と言って、書類を確認しながら、

 

「選びますか」

 

と刑務官。

 

死刑囚は、

 

「選べるなんて初めて聞きました、何があるんですか」

 

刑務官は丁寧な言い方で、

 

「電気、ガス、ロープです、どれがいいですか」

 

死刑囚は少し考えて、

 

「それでは、ロープにしてください」

 

「わかりました」

 

翌日になって、死刑囚は身の回りの整理を終えて手続きを済ませると、刑務官とともにロープ室へと向かいます。

 

ところが、ロープ室に入るとロープが壁の横から出ているので不思議に思って、

 

宝石物語

「ロープが横から出ていますが、何のためでしょうか?」

 

「それは、職員全員が壁の向こう側でロープを引っ張るためです」

 

選べる方法3

死刑囚が刑務官から宣告されました。

 

「あなたは明日、刑が執行されます」

 

「はぁ」

 

「この刑務所は死刑の方法を選ぶことができます」

 

と言って、書類を確認しながら、

 

「選びますか」

 

と刑務官。

 

死刑囚は、

 

「選べるなんて初めて聞きました、何があるんですか」

 

刑務官は丁寧な言い方で、

 

「電気、ガス、ロープです、どれがいいですか」

 

死刑囚は少し考えて、

 

「それでは、電気にしてください」

 

「わかりました」

 

翌日になって、死刑囚は身の回りの整理を終えて手続きを済ませると、刑務官とともに電気室へと向かいます。

 

ところが、電気室に入ると天井がとても高くなっているので不思議に思って、

 

宝石物語

「ずいぶん高い天井ですね、何のためでしょうか?大きな電池でも落ちてくるのですか?」

 

「いいえ、一番上から人口で雷を起こしてあなたの頭に命中させるためです」

Sponsored Links
ページの先頭へ戻る