ブランドジュエリー メーカーのシステム

ブランドジュエリー メーカーの成り立ち

 

ブランドジュエリーメーカー

ブランドジュエリーメーカーはどうやって成り立っているかを解説してみました。

 

ブランドジュエリーといっても、実際に販売するまでには、いくつもの工程を経ていく必要があります。

 

これらの工程がひとつのラインになったときにジュエリーブランドメーカーとしての運営が可能になりますが、その一部または大部分を外注しながら成り立っているメーカーも存在しています。

 

その工程ごとに専門知識を身につけることは、ブランドジュエリー業界では一般的な資格に準ずるような能力が必要とされるものが多いです。

 

ジュエリーデザイナー

各種ジュエリーのデザインの立案者で、リフォームのリジュエリーデザインなども含み、デザインはジュエリー業界の花形でもあるので注目度は高いです。

 

ジュエリークリエイター

個人からのオーダージュエリーの製作依頼や、企画などで集めたグループでの展示会の開催、アパレル会社などの関連業界でのブランドラインの立案や制作など幅広い業務を行います。

 

ジュエリーバイヤー

ダイヤモンドや色石のルースの仕入れを行い、または指輪などの完成品の仕入れを行うことで、石に対する知識や販売に関しての冷静な判断力が要求されます。

 

ジュエリーグレーダー

ダイヤモンドであれば、4C(色、形、内包の程度など)を見極めることができることで、そのほか色石などでもその価値(グレード)を見極めることが必要です。

 

ジュエリー販売

お店での販売や、顧客に対しての営業全般で、現在はインターネットでのカスタマイズ能力も重要な要素になっています。

Sponsored Links
ページの先頭へ戻る